閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  4. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

二人目だからこそ欲しい赤ちゃんグッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二人目だからこそ欲しい赤ちゃんグッズ

第二子出産の時には大抵の物が揃っていると思いますが、二人目ならではの「あると便利な物」って意外とあるんです。

二人目の育児は慣れているとは言っても、二人の子どもを同時にお世話する事になるのですからママも更に大変になります。

そんな時にこそ便利なグッズで少しでも楽に楽しく子育てができたらいいですね。

また、第二子出産の時ってお祝いに悩みませんか?

既に持っているものはあげられないし・・・なんて悩む事も多いですよね。

そんな時、ここに挙げたものがもしかしたらまだ持っていなくて喜ばれるかもしれません。

出産お祝いとしてもそれほど高価なものではありませんので検討してみてはいかがでしょうか?

スイマーバ

スイマーバは赤ちゃんの首に付ける浮き輪です。

ベビープレスイミング用に英国で発売された知育用品です。

日本ではプールで使用するよりも入浴グッズとして注目されているようです。

ママが1人で2人の子どもを入浴させるってかなり大変ですよね。

まして、年齢が2.3歳しか離れていない場合(大抵の兄弟の年齢差ってそのくらいですよね)は上の子の身体も洗ってあげなければならないけれど、まだお座りもできない赤ちゃんをどうしていいのか悩むところです。

ハイハイを始めてからだってますます目を離せません。

この時にスイマーバを装着し、赤ちゃんを湯船に浮かべておきます。

ママは上の子を洗いながら赤ちゃんを視界に入れておけば安心です。

先に出して湯冷めさせてしまう心配もありませんし、何より目の届くところに置いておけるので焦ることなく、上の子の世話ができます。

そして何より、装着して浮かんでいる赤ちゃんがめちゃくちゃかわいいです。

授乳ケープ

ハイハイで階段を登る赤ちゃん
1人目の時は授乳のタイミングに合わせて行動できても、2人目は違います。

上の子のスケジュールで行動する事が多いので、幼稚園や習い事の場所で、授乳室がない所でも授乳しなければならない事が案外多いです。

また家にいても、上の子のお友達が遊びに来るなど来客も多いものです。

常に持ち歩いていれば、どこへでも安心して出掛ける事が出来ますので授乳ケープは母乳で育てている2人目ママには必需品と言えます。

お洒落な柄のものもたくさん売っていますので、ギフトにも最適です。

スリング

スリングとは幅の広い布をタスキ掛けにし、その中に赤ちゃんを入れて抱っこする抱っこ紐の一種です。

今はエルゴが主流となり、スリングで抱っこしているママはほとんど見かけなくなりましたが、数年前に流行っていた時期がありました。

抱っこ紐としては、エルゴはオススメです。

肩と腰で支えるので負担が軽くなりますし安定感があります。

では、何故スリングがオススメなのでしょうか。

赤ちゃんを、寝かせる為に抱っこでユラユラしてやっと寝かしつけたのにベッドに置いたとたん起きて泣いてしまうなんてことよくあります。

特に第二子の場合は、せっかく寝そうなタイミングなのに、上の子が何か要求してきて一度ベッドに置いたためにまた泣き出してやり直し…なんて日常茶飯事です。

スリングに入れて寝かしつけをすれば、寝かしつけ中でも片手は空けられるので上の子のお世話ができます。

本を読んであげることも出来ます。

上の子に「ちょっと待っててね」がずいぶん減るのではないでしょうか。

また、ちょっとそこまでの外出にも最適です。

せっかく寝ているのにどうしても外出しなければならないなんて事ありますよね。

抱っこ紐に入れる時に起きてしまう。

かと言って置いて出て行く事は出来ません。

そんな時はスリングが活躍します。

動かした時に起きてしまってもスリングでまた寝ます。

またスリングは長時間赤ちゃんを入れていても赤ちゃんの負担にはなりません。

むしろ安心して居心地のよいものです。

なかなか寝付いてくれない赤ちゃん、ベッドに置くとすぐに泣き出してしまう赤ちゃんをお持ちのママにも強い見方です。

スリングは家の中で使い、買い物などの外出はエルゴという使い分けもいいのかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事

  1. ベビー用品選びで知っておきたい事

    ベビー用品選びで知っておきたい事

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る