閉じる
  1. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  2. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

子供の抱っこ、おんぶ対策におすすめのエルゴの抱っこ紐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子供の抱っこ、おんぶ対策におすすめのエルゴの抱っこ紐

子供を出産してから私が悩まされたことは、子供が寝ないということでした。

眠りが浅いのか、物音の反応などがよすぎるのか、寝たと思ってもすぐに起きてしまうことが多くて私も休めないし、子供が起きてぐずぐずするとイライラもするので、何か良い方法はないかと模索していました。

その結果、たどり着いたのが、抱っこ紐とおんぶ紐を使い分けて使用するということです。

最近流行りのエルゴ抱っこ紐

エルゴの抱っこひもは子育てママの間でもとても人気があり、実際に使用している人が多いです。

わたしも口コミや評判からその抱っこ紐を購入してみました。

このエルゴの良さは、抱っこをしていても肩への負担が少なくて、疲れにくいということです。

主にお出かけ用として使用していました。

子供の背中にかかる部分も大きいので、守られている感があり、わたしの肩への負担も軽かったので、お出かけには最適に抱っこ紐でした。

これならお出かけの時でも子供があまりぐずることはなかったですね。

やっぱりスリングが便利

自宅でお昼寝の時はスリングを使用していました。

スリングは新生児の時から使用しており、その段階に応じて、横抱き、縦抱き、時にはおんぶでも使用するほどよく使っていました。

お昼寝をしたくてぐずぐず言っていると、スリングに入れたら寝てくれます。

そしてしっかり熟睡をしたところで布団に下ろしました。

スリングのいいところは広げると一枚布なので、そのまま寝かせることが出来るということです。

また寝かせるのも簡単でした。

スリングを使用していると、子供の寝つきが一番良いと感じていましたね。

昔ながらのおんぶ紐

様々な紐
自分が子どもの時に親が使用していたおんぶ紐を出産を機に譲り受けました。

このおんぶ紐のいいところは、今の抱っこひものように、金具は一切ないところ。

また非常にシンプルな作りで使いやすいということです。

もちろん肩の負担などが考えてないので、肩や胸の部分の食い込みは我慢しなくてはいけないところですが、これは家事をする時によく使用していました。

子供がぐずぐず言って家事がはかどらないと、ちょっとイライラしてしまう時もありますよね。

そんな時におんぶをしてあげると、背中であやしながら家事をすることが出来るのです。

子供も目線が変わるために機嫌が直ることが多かったです。

私はこれらを使い分けることによって子供の対応を取っていました。

スリングに至っては3歳になる今でも時々使用することがあるほどです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. おんぶ紐を使用すると育児の効率アップ!

    おんぶ紐を使用すると育児の効率アップ!

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る