閉じる
  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

マタニティヨガで出産前の緊張を緩和しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マタニティヨガで出産前の緊張を緩和しよう!

マタニティーヨガを自宅で毎日やってみよう

出産が近づくにつれ、健康な妊婦なら適度な運動が推奨されます。

しかし、マタニティヨガ教室やマタニティスイミングスクールは毎日やっている訳ではないし、お金もそれなりにかかることが多いです。

ウォーキングも季節や天気によってはなかなか難しいです。

そんな時におススメなのがマタニティヨガのDVDです。

2000円以下で本屋で売っています。

これならお金がかからず、天気も関係なく、自宅で好きな時にヨガをすることが出来ます。

大体、60分から120分程度のものが多いです。

ポーズも無理なものは少なく、誰でもできるものがほとんどです。

上手にポーズができなくても誰も見ていないので恥ずかしくありません。

毎日やっているうちに出来るようにもなってきます。

マタニティーヨガは運動不足解消だけでなく、出産の呼吸法の練習や妊娠した事による足のつりや腰痛、肩こり、便秘、むくみなどの解消にも一役買ってくれます。

逆子になったときに戻すポーズの案内もあります。

妊娠中のトラブルがマタニティーヨガで全て解決するわけではありませんが、軽減される事は多いです。

また、夫婦二人でやるポーズもあるので、夫婦のコミュニケーショーンとしてもいいです。

マタニティーヨガで付く自信と開き直り

お腹をさする妊婦
マタニティーヨガを毎日やっていると出産にたいする不安が少し薄れます。

三キロもの赤ちゃんを無事出産できるのかと出産が近づくにつれ、不安になったり、怖くなったりしますが、マタニティーヨガを毎日やっていると、これだけ毎日やったんだからベストは尽くした。

例え難産になってしまっても、私のせいじゃない、こうなるしかなかったのだと、何があっても受け入れるぞという出産に対しての自信、もしくは開き直りのようなものが芽生えてきます。

「もっとああしておけばよかった」「こうしておけばよかった」というような事を思わずに済みます。

そして、妊娠中は出産以外にもいろいろと不安はつきものです。

毎日新しい心配事を発見してしまったりします。

しかし、マタニティーヨガをすると血行やリンパの流れが良くなる成果、リラックスできるせいか、アドレナリンが分泌されるせいか、あまり深く不安に囚われる事がなくなります。

マタニティーヨガで産後の回復もスムーズになります。

マタニティーヨガは妊娠中や出産のためだけのものではありません。

太腿の筋肉を鍛えることによって、出産時の出血を軽減してくれます。

また、呼吸法やいきむ時に使う筋肉、全身の体力を鍛えてくれるので、運動不足で出産に望むよりは安産になりやすいです。

安産だと産後の回復が早いです。

また、運動の習慣がついているので、産後も体力回復だけでなく、体型の回復に意欲が湧きます。

マタニティーヨガの中には産後の体型戻しのポーズについても取り扱っているものが多いです。

帝王切開だったとしても、マタニティーヨガをやっていた方が回復が早いと言われています。

マタニティーヨガでお腹の赤ちゃんと対話ができる

ヨガに付き物の瞑想の時間はマタニティーヨガにも、もちろんあります。

いろいろなポーズをした後なので、お腹の赤ちゃんも起きている事が多いです。

瞑想の時間に胎動がある事はとても多いです。

普段のヨガだと瞑想と言われても何を考えたらいいのか分からない人も多いと思いますが、マタニティーヨガの時はお腹の赤ちゃんに心を集中できます。

自分の鼓動と赤ちゃんの鼓動を感じられるような気がしてきます。

普段なんとなく感じている胎動を改めて尊いものだと感じられる時間になるかもしれません。

無事に生まれてきてねと毎日祈る神聖な時間になるでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 無事出産するために気をつけたい体調の変化

    無事出産するために気をつけたい体調の変化

  2. 病院に行く前に生まれてしまったらどうすればいいの?

    病院に行く前に生まれてしまったらどうすればいいの?

  3. もうすぐ会えるね!正産期の過ごし方と注意事項

    もうすぐ会えるね!正産期の過ごし方と注意事項

  4. 人工的に分娩を誘発できる計画分娩とは?

    人工的に分娩を誘発できる計画分娩とは?

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る