閉じる
  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  3. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  4. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

無事出産するために気をつけたい体調の変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無事出産するために気をつけたい体調の変化

下腹部が痛い時

周期的に下腹部が痛む時は早産の可能性があります。

至急医師に診てもらいましょう。

妊娠24週目から予定日の2週間前までにお産になる事を早産といいます。

時期の点以外は普通の出産と同じですから定期的な腹痛、出血、破水という正常なお産と同じ兆候がみられます。

しかし、まだ子宮口が開いていない場合は早急に処置する事で、早産を食い止める事が可能です。

妊娠末期に、突然激しい腹痛と出血がある場合はまず胎盤剥離を疑いましょう。

緊急に入院して、適切な処置を受ける必要があります。

正常なお産の場合は胎盤は後産といって赤ちゃんが生まれた後には剥がれて排出されるものです。

それが何らかの原因で、赤ちゃんが体内にいるうちに胎盤が剥がれ出てしまうのを、胎盤早期剥離と呼びます。

胎盤が出てしまう事により胎盤から酸素をもらっていた赤ちゃんは酸素不足で死亡する可能性があります。

胎盤早期剥離の場合は、子宮の中の出血が主です。

ですから性器からの出血は少量でも甘く見ないでください。

時間がたつと性器からの出血も増えていきます。

出血が続くと、子宮は固くなって貧血症状や血圧が低下するなど、母体も危ない状態になります。

胎盤早期剥離は妊娠中毒にかかっている場合にかかりやすいと言われています。

お腹は痛くなく出血がある時

鼓動を確認する妊婦
出血があってお腹の痛みが無い場合は前置胎盤の疑いがあります。

受精卵が着床する胎盤は通常は子宮の奥に付いていて赤ちゃんが子宮口から出るのに邪魔にならないようになっています。

それが何かしらの原因で胎盤の位置が下へ、ずれることで子宮口をふさぐのを前置胎盤と呼びます。

正常なお産なら赤ちゃんが先に出て、その後に胎盤が剥がれて出血しても子宮の収縮に伴い出血も抑えらえて、まもなく止まるものです。

しかし、前置胎盤では胎盤が剥がれた時に赤ちゃんがまだお腹の中にいますから、子宮は収縮する事ができず、大出血を起こしてしまいます。

前置胎盤は全妊婦のおよそ0.5%ほどですが、特には経産婦また他産婦に多い傾向があります。

他にも人口中絶を受けた機会が多い人も発生の確率は高いと言われています。

まだ、妊娠7か月ごろから痛みがないのに出血して、初めは少量でも段々に量が増えてくるようならば、病院で診てもらいましょう。

前置胎盤は早く発見できたら、帝王切開によって無事出産する事が可能です。

また、医師の指示に従って自然分娩できる時もあります。

痙攣が起きたら

妊娠中に痙攣が起きた時は要注意です。

というのも重症の妊娠中毒症が原因になっている事が多いのです。

一度だけで収まり、そのまま落ち着いていく軽い場合もありますが、何度も繰り返す場合昏睡状態におちいる事もあるのです。

痙攣が起こったならすぐ救急車で病院に行きましょう。

重症の場合ではお腹の赤ちゃんが死んでしまう事もあります。

軽症の場合でも医師に相談しましょう。

生命をお腹に宿しているママ。

無事出産して女性としての喜びを噛みしめる事が出来るように、自分の体調の変化には十分気を付けていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 人工的に分娩を誘発できる計画分娩とは?

    人工的に分娩を誘発できる計画分娩とは?

  2. 病院に行く前に生まれてしまったらどうすればいいの?

    病院に行く前に生まれてしまったらどうすればいいの?

  3. マタニティヨガで出産前の緊張を緩和しよう!

    マタニティヨガで出産前の緊張を緩和しよう!

  4. もうすぐ会えるね!正産期の過ごし方と注意事項

    もうすぐ会えるね!正産期の過ごし方と注意事項

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る