閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  2. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

無痛分娩は本当に痛くないの?気になる費用やメリット・デメリットを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無痛分娩は本当に痛くないの?気になる費用やメリット・デメリットを解説!

本当に無痛なのか?

日本ではまだ馴染みのない「無痛分娩」ですが、本当に痛みを感じないまま出産出来るの?と気になる方も多いでしょう。

ここでは無痛分娩の仕組みについてご説明していきます。

まず、自然な陣痛を待ってから麻酔を打つか、計画的に出産日を決め陣痛促進剤を使用してから麻酔を打つかを選択します。

そして陣痛が始まれば、硬膜外麻酔を打ちます。

麻酔を打つ時が痛いという噂もありますが、基本的に表面に局所麻酔をしてから硬膜外という部分に麻酔を打つ為、最初の局所麻酔を打つ痛み以外はすべて感じないで済みます。

そして最初の麻酔は、現在では細い針で行うため痛みの強いものではありません。

麻酔が打たれると痛みだけを感じなくなるので、それ以降は陣痛、会陰切開や縫合などの痛みも一切感じずに出産することができます。

したがって無痛分娩は、「ほぼ無痛」で出産することが可能です。

無痛分娩に掛かる費用は?

赤ちゃんと母親の手
「無痛分娩だと費用はいくら掛かるの?」

やはり金額面での不安もあり、無痛分娩に踏み切れない方もいると思います。

実際に普通分娩とどれくらい差が出てしまうのかをご説明します。

まず、自己選択で無痛分娩になった場合に関しては、麻酔が保険適応外になるので、当然の事ですが普通分娩より高額になります。

ただ、各病院で設定金額が異なるため、一概にいくら上がるとここで断言する事は出来ません。

しかし、一般的には、個人経営の産婦人科で数万円、総合病院だと十数万円が基本と考えてください。

これは、総合病院だと産科医とは別に麻酔科医が必要になるからです。

したがって無痛分娩を希望する際は、個人の病院にかかったほうがリーズナブルに出産できるということです。

もちろんこれはあくまで目安ですので、お近くの病院で一度聞いてみるのが確実です。

無痛分娩のメリット

普通分娩よりも費用が掛かる無痛分娩ですが、痛みの他にどのようなメリットがあるのでしょうか?

痛みによる疲弊がない

出産は長時間の痛みとの闘いです。

実際に長時間の陣痛で、出産を終えたあとカンガルーケアをする体力がないという話もありますので、痛みがなく楽に出産できる分、体力を残したまま我が子との対面に臨むことができます。

産後の回復が早い

陣痛で体力を消耗した後よりも、リラックスしたまま出産を終える事が出来るので、身体の回復が非常に速いです。

身体への負担も限りなく少なく出来るのは大きなメリットでしょう。

体力を温存したまま育児をスタートできる

出産を終えるとすぐに、数時間ごとの授乳や夜泣きで、母体を休める時間はなかなか取れません。

そんな中、出産での消耗が少ない分、元気なまま育児を始めることができます。

無痛分娩のデメリット

どんな物事にも良い事だけではありません。

次に無痛分娩のデメリットについて紹介していきます。

金額が高額

前述していますが、やはり普通分娩と比較すると、どうしても費用が高額になってしまいます。

メリットも多いですが、金銭面の差はやはり家計へのダメージがありますね。

体質により麻酔の効きやすさが違う

どうしても麻酔の効き方には個人差があるので、あまり麻酔が効かず普通分娩と変わらない痛みを感じる方もいます。

せっかく高額な費用を掛けて無痛分娩を選択したのに、痛みを感じてしまうのはちょっとキツイですね・・・。

とは言え、麻酔が効かない方の方が少数派であるという事は付け加えさせて頂きます。

日本的な風潮

まだまだ無痛分娩が浸透していない日本では、「無痛分娩で産みたい」と発言しにくい風潮があります。

しかし、海外のほとんどの先進国では無痛分娩がポピュラーで、むしろ普通分娩のほうが少ないのが実情です。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る