閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  2. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  3. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  4. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

ママの怖い大敵、乳腺炎の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ママの怖い大敵、乳腺炎の対処法

どのママも、きっと一度は経験するかもしれないのが「乳腺炎」です。

赤ちゃんが産まれてから一生懸命乳房を飲んでくれていても、ママの体調や、偏った食事など様々な事が要因となりうつ乳や乳腺炎になります。

乳腺炎になってしまうと38度以上の高熱が出て、関節痛や悪寒など普通の風邪の症状もあり、乳房が岩の様に固くなり、時には歯を食いしばる様な痛みも伴います。

そんな辛い状況を事前に回避する為に乳腺炎になる前に早めに対処しましょう。

乳房のしこりや痛みは乳腺炎の前兆

普段通り授乳している時に痛みを感じる、乳房に飲み残しのしこりがある、乳頭に白い斑点が出来ている、乳房が熱っぽいなどは乳腺炎の前兆です。

この時期に上手に対処しておくと乳腺炎にはならずに済むので早めに処置しましょう。

まず病院などでも厳しく指導されているかもしれませんが脂こい食事は止め、野菜や茸類、食物繊維が豊富な食材を摂る様に心がけましょう。

お菓子など甘いものを食べてしまうとすぐに母乳が詰まり乳腺炎に進行してしまいます。

乳腺炎になったらやはり赤ちゃんに頑張って飲んでもらうのが一番です。

授乳の時は詰まっている方から授乳しましょう。

その際に飲み残しが無い様に乳房をマッサージしながら授乳すると飲み残しが少なくなります。

飲み残しがある場合はきちんと搾乳を行い古い母乳が残らない様にしましょう。

授乳にもクセがあると思いますが、飲み残しが無い様に同じ体制でなく、色々な体制で飲んでもらい飲み残しが無くなる様に授乳するのもポイントです。

次に、葛根湯も乳腺炎に効果的です。

体内の血行を促進して母乳のつまりを解消してくれます。

しかし葛根湯には「天草」という成分が使われており、むくみや血圧の上昇、肝機能障害に繋がる事もある為、服用は長期間は避け数日と決めて服用しましょう。

そして乳房に熱がある場合には冷やすのも効果的です。

市販の冷えピタを使用したり、アイスノンを脇に挟んでおくと楽になります。

赤ちゃんは冷たくなった母乳を飲まない事もある為、授乳する場合は30分以上前に冷やすのを止め、母乳が冷えていない状況で授乳してあげて下さい。

離乳食が進み始めると乳腺炎になることも

成長に伴い、どの赤ちゃんも生後4か月〜6か月頃には離乳食が始まってきます。

始めた頃は1回食で量も少ないのでまだまだ母乳が主流ですが、赤ちゃんの離乳食が1回から2回、2回から3回食になる頃には食べる量もグンと増えて、授乳の回数も急に減っていきます。

その為飲む回数が減ってきているのに母乳の量が今まで通りなどというママさんは母乳の需要と供給のバランスが崩れ乳腺炎になる事があります。

そういった時には離乳食を1日減らしたりなどの工夫をしてたまっている母乳を飲んでもらって下さい。

乳腺炎が収まってからまた離乳食の量を調節していく、という対処法でも全く問題はないので安心して下さい。

自分でケアしても解消しない時は病院へ

体温計で体温を測る女性
悪化しないように対処をしても、悪化してしまった時は必ず早めに病院を受診しましょう。

悪化させると母乳の質も悪くなりますし、最悪切開をするという事もあります。

高熱や悪寒、関節痛の中で赤ちゃんのお世話をするのは本当に大変で辛い事と思います。

病院で助産師さんのマッサージを受けたり、授乳中でも服用出来る薬を処方してもらう事も可能ですので我慢せずに病院へ行ってください。

最後に

乳腺炎は必ずしも母乳ので外衣人だけがなるのではありません。

普段の食生活が乱れていたり、体調を崩していたり、様々な事が要因となって乳腺炎になります。

慣れない育児で疲れてしまった時は頑張らずに肩の力を抜いて子供と一緒にお昼寝したり、少し家事をサボってみたり、ゆったりとした気持ちでいる事も乳腺炎の予防となるかもしれません。乳腺炎は本当になってしまうと辛いので、皆さんも気をつけてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 産後ダイエット!身体をバランスボールで矯正しよう!

    産後ダイエット!身体をバランスボールで矯正しよう!

  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策

    出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策

  3. 産後ママを悩ます腰痛の解消法とは?

    産後ママを悩ます腰痛の解消法とは?

  4. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは

    産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは…

  5. 産後うつの症状とその解決策とは?

    産後うつの症状とその解決策とは?

  6. 出産後に増えた体重を落とす方法とは

    出産後に増えた体重を落とす方法とは

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る