閉じる
  1. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  2. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  3. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

病院?それとも助産院?じっくり選びたい産院選び4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
病院?それとも助産院?じっくり選びたい産院選び4つのポイント

出産が出来る施設には大きく分けて2つ。

出産時に医療行為が行える「病院」と、自然なお産を介助してくれる助産師さんがいる「助産院」があります。

現代ではほとんどのお母さんが病院を選ぶ時代になりましたが、昔は助産院で産むお母さんがほとんどでした。

お産は病気ではありませんから、それが自然だったのでしょう。

例えば、出産時に母体や赤ちゃんの状態を医療機器を使って確認しながら、母体の危険が迫る前に陣痛誘発剤を使う、というのは病院で医師が判断し行うこと。

助産院では、あくまで赤ちゃんのペースに合わせて、自然なお産を目指します。

もちろん万が一のことがあった場合の緊急時には提携している病院へ転院して出産、ということもきちんと考えられていますので、病院、助産院どちらも現代では安心して出産できることには変わりありません。

みんなはどうした?出産経験者に聞いてみよう!

今では圧倒的に病院で出産を迎えるお母さんが多いので、病院を選んだ人に話を聞くことの方が多いと思いますが、中には助産院を選んだ人もいます。

周りに助産院で産んだ人がいないという場合には、インターネットの口コミサイトなどを参考にしてみましょう。

それから興味のある産院をいくつかチェックして、2〜3軒に絞ればあとは検診などで実際に利用してみましょう。

口コミだけでは分からない自分の肌に合った感覚がつかめます。

妊婦検診で産院をチェック

妊娠がわかったらスタートする妊婦検診。

妊娠初期は三週間に一度、中期は二週間に一度、出産が近づくと一週間に一度のペースに増えていきます。

通常、同じ産院で出産までを通して検診を受ける方がほとんどですが、その妊婦検診を気になる産院で受診することで、実際に産院の雰囲気を感じることができます。

例えば、初めは近くの病院で検診を受け、次回は違う病院で、ということも可能です。

検診時に次回の予約を取ることがほとんどなので、「産院選びのために次回は別のところで検診を受けたい」と先生に正直にお話すれば理解してもらえると思います。

また、三週間に一度の検診の間に、興味を持った産院で検診を受けるのもOKです。

自治体によっては検診用のチケットがあり、一回分多く使ってしまうことになりますが、産院選びの大事な下見として試してみましょう。

通いやすさ、待ち時間、対応の良さなどもチェック

寝ている赤ちゃん
実際に検診を通して診察を受けると、病院によってまったく違うことがわかります。

例えば、総合診療を行っている大きな病院では一日の来院者数が1000名を超えるところもあるでしょう。

産婦人科だけを見ても先生がたくさんいてベッドもたくさん。

万が一産婦人科以外の病気になっても安心できる設備が整っているという点で安心です。

ただ、来院者数が多いため、待ち時間が長くなることが必須です。

次に、街で人気の個人病院などは最先端の医療機器やホテルのような設備を整えているところもあり、母子にとても優しい環境づくりを用意してくれています。

産前産後の過ごし方も母子のリラックスを第一に考えた施設が多い分、出産費用が少し高くなる傾向もありますので、産院選びの際にチェックしておきましょう。

助産院は病院などとは違い、医療機器がなく、自宅のようなアットホームなところが多い傾向があります。

妊婦検診も一組ずつの完全予約制のところが多いので待ち時間はなく、検診の時間内でじっくり時間をかけて丁寧に診察・問診を行ってくれます。

まとめ

病院、助産院、それぞれにメリットがあります。

初めての妊娠・出産という方は「どんな出産がしたいか?」といわれてもイメージしにくいもの。

出産が近づかないと分からないこともありますが、やはり一番はママ自身が信頼できる産院かどうかが重要です。

これから出産まで検診などを通して何度も通うことになる産院ですから、出産までの不安を取り除ける施設を選びましょう。

人気の施設では、妊娠が発覚した時点で予約をしないと出産ができない、という場合もあります。

ぜひ今からでも自分に合った産院選びをしてみてください!

スポンサードリンク

関連記事

  1. ママになりたい人へお産をする場所もいろいろ

    ママになりたい人へお産をする場所もいろいろ

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る