閉じる
  1. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  2. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

子供の虫歯予防のポイントと必須4点セットまとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子供の虫歯予防のポイントと必須4点セットまとめ!

子供の歯を虫歯にしたくないと、親は誰もが願いますよね。

仕上げ磨きはしているけれど・・・、それだけではちょっと心もとない。

これを使えばもっと虫歯予防の効果がアップ!の4点とポイントをご紹介します。

ハブラシ


お子さんが自分で使う歯ブラシと、仕上げ用のハブラシ、一緒にしていませんか?

よく見てみると、子供が使っているハブラシは先が開きっぱなし。

子供はまだまだ上手にハブラシを使うことが出来ません。

無理な力を入れていたり、噛んでしまうことも。

そうすると、歯ブラシはあっという間に開いてしまいます。

そのまま使っていると、歯垢除去効果は激減し、歯茎を傷つけてしまうことがあります。

かといって、すぐに取り替えるのはコストがかかりますので、ここで是非、仕上げ用のハブラシを一本ご用意ください。

お子さんはちょっと乱暴に使っていたって、まだ大丈夫。練習のうちですから自分でやっていることに自信を持たせてあげましょう。

仕上げ用のハブラシがあれば、親だけが丁寧に使うことが出来るので、より長く、より上手に歯垢を除去できます。

仕上げ磨き専用の持ちやすいハブラシも発売されていますのでオススメです。

糸ようじ(フロス)


毎度の食事で、子供の歯に間にだって食べ物が詰まります。

歯の隙間に残った食べ物や歯垢は、とっても虫歯になりやすいのです。

それは、ハブラシだけでは除去することが出来ないから。

歯の間の虫歯予防には、糸ようじを使うことが大切です。

フロスは子供の口の中では扱いにくいので、子供用のヘッドが小さい糸ようじがオススメです。

歯と歯の間に入れ、歯の側面をこそげ取るように動かします。

片方だけではなく、両側面をゆっくりと動かすことが大切です。

歯と歯の間のお掃除が出来れば、虫歯になる確率はグンと低くなります。

ワンタフトハブラシ


ハブラシはハブラシでも、先が1束になっているものです。

大きなハブラシでは落としきれない、歯茎に近い場所の歯垢や、臼歯のデコボコの歯垢を取り除くのに効果的です。

歯垢が残りやすいのは、歯と歯茎の境目、臼歯の間、生え始めの歯(歯肉間)なのです。

特に、歯が生え始めている箇所には、通常のハブラシでは届かないのでオススメです。

普通のハブラシのように使用します。

ワンタフトではピンポイントでお掃除できますから、より丁寧に歯垢除去でき、虫歯予防に力を発揮してくれます。

フッ素ジェル、フッ素スプレー


フッ素は虫歯予防に大変効果を発揮します。

最近では、ほとんどの歯磨き粉に配合されているものです。

エナメル層に達していない初期の虫歯には、再石灰化を促し、虫歯を治してくれる効果もあります。

よりフッ素の効果を得るために、フッ素ジェル、フッ素スプレーをオススメします。

これは、仕上げ磨きの時に歯磨き粉の代わりに使用することで、虫歯をより強力に予防するものです。

使い勝手としては、スプレーは回りに飛散してしまいハブラシに残りにくいので、ジェルタイプがオススメです。

最後に口をゆすがず、効果を残したままにしますので、一度仕上げ磨き前に歯磨き粉をゆすいでおくのが鉄則です。

食べ終わった後のうがい

おしゃれな蛇口
最後のポイントとしては、食べた後にうがいをするということです。

食べてすぐに歯磨きが出来ないことが多いですよね。

そんな時は、たった1回でも、グチュグチュペっとうがいをさせてあげることで虫歯になる確率を大きく減らすことが出来ます。

ペっと吐き出すことが出来なければ、お水を飲むだけでも効果的です。

こうすることで、口の中の食べ残しを流し、食べ残しから発生する酸を少しでも減らすことが出来るというわけです。

緑茶を使用することで、より一層カテキンの抗菌効果を得ることができます。

お手軽ですぐに実践できますので、是非、今日から試してみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 子どもの歯は親が守る!実践したい乳歯ケアと虫歯予防!

    子どもの歯は親が守る!実践したい乳歯ケアと虫歯予防!

  2. 赤ちゃんの歯の生えはじめに起こるトラブルティージング(Teething)

    赤ちゃんの歯の生えはじめに起こるトラブルティージング(Teeth…

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る