閉じる
  1. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  2. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  3. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

子どもの玩具にはこんな点に注意して!事故や誤飲を防ぐ三つのことについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもの玩具にはこんな点に注意して!事故や誤飲を防ぐ三つのことについて

子どもが遊ぶ玩具には、いろんな種類のものがあります。

例えば、現在では、女の子には変身ヒロインアニメのものや、アイドルアニメのカードなども、人気があるようですし、男の子の場合には、アニメのメダルなども、人気となり、大ブームにもなりました。

これらのアニメ関係の玩具は、幼稚園や保育園の年長組などの子どもが対象なことも多いようであり、一歳や二歳の子どもの場合には、まだ、よくアニメの内容や玩具の遊び方が分かっていない場合もあります。

その為、幼い子供の場合には、触って面白いものや、音が鳴るような玩具に興味を示すことがほとんどのようです。

けれど、このような玩具の場合には、子供に与える際には、気を付けないといけない事もあります。

例えば、こんな点に注意しましょう。

ビニールなどを噛みちぎる!

ビニールのカサカサと言う音は、子供には胎内音にも聞こえるそうであり、安心出来る音でもあるようです。

また、ビニールの手触りが好きで、ずっとスーパーの袋などを触っているような子供もいます。

けれど、気を付けたいのが、ビニールを子供が噛み切ってしまい、誤食してしまうことです。

ビニール素材は、簡単なことでは切ることが出来ないようになっている玩具も多くありますが、中には、生え始めた歯で興味本位で噛みついて、そのまま食べてしまう子供もいるようです。

そのため、このような玩具で遊んでいる時には、親も必ず傍にいるようにしたほうが良いでしょう。

電池やネジの誤飲!

おもちゃで遊ぶ子供
また、音が鳴る玩具は、まだ幼い子供には、とても興味があり、よく触ったりもしています。

この音の鳴る玩具の場合には、ボタンを押せば鳴ったり、叩いたりすれば音が鳴る仕組みになっていることも多く、脳の発達を促すのにも良いですが、やはり注意しないといけません。

なぜなら、音が鳴る玩具の場合には、裏に電池を入れる仕組みになっている事も多く、電池を入れるところは、ネジで固定しているケースもある為です。

その為、力のある子供では、力任せにネジを引っ張ってしまい、抜けたネジを飲んでしまったり、電池を出して、舌で舐めまわしてしまう恐れもあります。

このようなことを避ける為に、電池の入れ替えの際には、よくネジを固定して、絶対に外れないように気を付けるようにしましょう。

また、電池類などは、入れっぱなしにするのでは無く、玩具を使わない場合には、電池を抜く癖をつけておくのも良いかと思います。

シールを舐めて取ってしまう!

また、ビニールと同じように、誤食するケースで多いのが、玩具に貼ってあるシールです。

例えば、積み木などに貼ってある場合もありますし、自分で好きなところに貼る事の出来るシールブックなどもあります。

いずれも子供には面白く、興味深いものですが、年齢の幼い子供では、積み木なども口に入れてしまうため、親が気が付かない間に、シールを少しずつ食べてしまっている場合もあります。

本当に少しずつならば、便として排出されることも多いですが、シールを使った玩具の場合には、沢山のシールを飲み込んでしまう可能性もありますので、誤飲や誤食の恐れがある年齢の子供には、シールを使った玩具などは、親が見ているところで遊ばせた方が良いでしょう。

また、シールの数や種類を確認しておき、遊んだ後は、必ず、子どもの手の届かないところに直すようにしましょう。

子供の玩具と言っても、誤飲や誤食の恐れがあるものも中にはあります。

親が安全だと思っていても、実際に与えてみると、口で舐めたり、生え始めた歯で噛んでしまう恐れもあるため、親が一緒に遊んだり、常に注意をして観察しておくようにしましょう。

ただ、玩具で遊ぶことは、子供には脳の刺激になりますので、誤飲や誤食を予防するために、何でも禁止するのではなく、親がよく考えて、子供に与えるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 幼年期における子供のしつけの難しさ

    幼年期における子供のしつけの難しさ

  2. 子育てをする上で最高の結果を出す魔法の言葉

    子育てをする上で最高の結果を出す魔法の言葉

  3. 子供をどこに預けるか迷いませんか?認可外保育所という選択

    子供をどこに預けるか迷いませんか?認可外保育所という選択

  4. 家庭でできる早期教育

    家庭でできる早期教育

  5. 赤ちゃんのための快適な部屋とは?

    赤ちゃんのための快適な部屋とは?

  6. 母乳育児についてのいろいろな考え方

    母乳育児についてのいろいろな考え方

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る