閉じる
  1. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  2. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  3. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

家庭でできる早期教育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家庭でできる早期教育

2、3歳はどの子も天才児

2歳、3歳の子供はものすごい勢いで毎日色んな事を吸収し記憶して行く時期で、車の名前を覚える子や花の名前、虫や恐竜、生物や星など様々な事を覚えて行く時期です。

その時期にいかに自分の子供がどんな物に興味を持つかを見極めてそれに関わる物や本を手渡すかに寄って、右脳の発達を促す事ができます。

実際、世の中の天才児と言われる子供達は、親が好きだった物を引き継いでいたりしますが、1番は環境だと思います。

側に楽器があったから、楽器を早くから始めて天才児など、親が好きな野球を2歳や3歳から始めて小学生には天才児と呼ばれるなど、世の中の天才児になるかは環境に左右されると考えられます。

自分の子供に何をやらせるかをまだ小さい2歳、3歳のうちに方向を決めて、その方向に向かうようにするのが、親が子供にしてやれる事だと思います。

どの子にも天才児の素質はあります。

運動での天才児、勉強での天才児、楽器の天才児、すべての子供は天才児です。

英語の早期教育、英語耳

会社ごっこをする子供
英語は3歳までに英語を聞き分ける耳を作らなければいけません。

英語は日本語の周波数と周波数が遠いため、大人になってからでは聞き取れない周波数になってしまいます。

英語耳を3歳までに作る事が、発音の良い英語を将来話すためには大変大切な事です。

両親共に中学・高校クラスの英語しか出来ない家庭の子供が、2歳から英語を聞き育ったら、大人になってから発音の良い英語をペラペラ話せ仕事でも海外に行っているような人がいます。

先にも書きましたが、環境を上手く整え英語を始めた結果であります。

そして英語耳を3歳までに作った結果です。

英語の音楽を聴いている両親の子供が英語耳がいつの間にか出来ていたケースもあります。

難しく考えず、英語を聞かせるだけで良いのです。

日本語は世界の中でも英語の周波数と1番離れているため、大きくなって初めて英語を聞くと雑音として脳が処理してしまうので、聞き取れなくなってしまうのです。

聞かせるだけで良いのです。

子供に英語耳を作ってあげましょう。

算数の天才児

算数の天才児と言ってもピンと来ないでしょうが、どの家庭でもやっている1から10まで数を数える延長です。

2歳、3歳の時期のたくさん吸収する脳を数字に向けるだけです。

おもちゃを数えさせたり、カレーの中の人参を数えさせたり、たったそれだけです。

数字の数をどんどん増やして行くだけです。

外を走り回る子供には、一周二周と数えるだけ、自然に子供は何かをしながら頭の中で数を数えるようになります。

できるようになればもう算数の天才児です。

どんな天才児になるかは、親が作った環境に寄ります。

子供が1番楽しんでいる事でも良いし、親が良いと思う事でも何でも良いのです。

世の中の2歳、3歳は天才児だらけです。

早期教育と聞くと難しく考えてしまいますが、なんでもない日常に天才児に育てる要素が溢れています。

ただ楽しく子供と遊びながら数を数えたり、英語を聞いたりするだけで良いのです。

運動の天才児も音楽の天才児も英語の天才児もみんな普通の子供で、違ったのは環境のみです。

各家庭で天才児を育てると日本中が天才児だらけです。

一点に絞る必要はありません。

運動も楽器も英語も算数もすべてやって多才な人間でも良いかもしれません。

広く浅くになるかも知れないですが。

早くから才能の芽を育てるのが早期教育です。

特別な物を習う必要もないし、各家庭で環境をどんな環境にするのかを考えるだけで、天才児はできます。

それだけ家庭環境は大切です。

勉強出来る環境や運動出来る環境、音楽の環境など、各家庭で良いと思う環境で自信を持って育てましょう。

早期教育はとても大切です。

わが子も天才児に育てましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 子どもの玩具にはこんな点に注意して!事故や誤飲を防ぐ三つのことについて

    子どもの玩具にはこんな点に注意して!事故や誤飲を防ぐ三つのことに…

  2. 幼年期における子供のしつけの難しさ

    幼年期における子供のしつけの難しさ

  3. 子供をどこに預けるか迷いませんか?認可外保育所という選択

    子供をどこに預けるか迷いませんか?認可外保育所という選択

  4. 母乳育児についてのいろいろな考え方

    母乳育児についてのいろいろな考え方

  5. 子育てをする上で最高の結果を出す魔法の言葉

    子育てをする上で最高の結果を出す魔法の言葉

  6. 赤ちゃんのための快適な部屋とは?

    赤ちゃんのための快適な部屋とは?

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る