閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  2. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  3. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  4. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!

男の子ってなんで大変なんだろう?

子育てが大変なのは誰だって分かるけれど、一般的に「男の子って大変!」と耳にすることが多いですよね。

そんな理由からか、妊娠中に性別を聞いて「男の子ですよ」と言われた時、「ちゃんと育てられるかな・・・?」と言い知れぬ不安が襲ってきた経験のあるお母さんも多いのでは?

書店に行っても、女の子の育児本に比べて、男の子の育児本が店頭に多いのも事実ですよね。

男の子の大変さといえば・・・!

  • 落ち着きがなく、気付いたら姿がなくなってる
  • 好奇心旺盛で気になるとすぐ行動する
  • ふざけてばかりで話を聞かない
  • すぐスネるし何事も大げさ
  • 元気すぎて頻繁に

なんて事がよく言われます。

散歩に出れば、知らない内に両手に棒切れ持って「えい!やぁっ!」と振り回しながら見えない敵と闘ってるし、友だちが集まれば何処からともなく「バンバン!」と戦いを仕掛けて始まる戦闘ごっこ。

毎日が謎だらけですよね。

なんでこうなんだろう?と考えたところで答えは出ないものですよね。

元気なのは良い事だけれど、元気すぎるのも考えもので、悩みは尽きません。

そもそも男って母親(女)には理解出来ないもの?

男の子の育児について考えてみると、どこの家庭にももう一人「大きな男の子」がいますよね。

そう、旦那さんも立派な男性です。

脱いだ服は抜け殻のように置きっ放し、靴下やズボンにいたってはドーナツか!と言わんばかりにクルクルと丸まって床の上にポイッ!

食べた茶碗はそのままだし、使ったものは出しっぱなし。

何度言っても同じことを繰り返す。

そのくせ見栄っぱりだし、なんだかプライド高いし、ちょっとのことでドヤ顔してニコり。

良く考えてみれば、旦那さんも好奇心旺盛な男の子の様だなと感じてしまう瞬間はありませんか?

そうなんです。

女である母親にとっては、息子も旦那も理解しがたい存在。

男の子には男の子だけの世界と常識があって、それは女性にとって「規格外・想定外」だから、お母さんはイライラもするし悩みも絶えないのです。

それに気付けたらもうOK!

発想の転換で乗り切っちゃう!

「パパはなんで怒らないの?気にならないの?」

「なんで私ばっかり息子の事に怒ってイライラしてるんだろう?」

そんな風に悩んだことありませんか?

それがそもそもの始まりなのです。

何故なら先ほども書いた通り、これが「男の子の世界の常識」だからなんです。

つまりお父さんにとっても、幼少期に通った道!というわけです。

「なんでママはこのくらいのことであんなに怒ってるんだろう?」

旦那さんから見たら、これくらいにしか思ってないのでしょう。

そう思ってみるとバカバカしく思えてきませんか?

母親が怒ってしまう行動そのものが、もはや男の子の習性で「車を運転するためにエンジンをかけること」くらい当たり前で、初めの一歩みたいなものなんです。

逆に、これがなかったら男の子じゃないのかもしれないな?くらいの気持ちでも良いのかもしれません。

だから、ちょっとイラッとしたり気になった時にもひと呼吸ついて、「あぁまたやってるわ、ほんと仕方ないなー」と思うも良し、「これって男の子にとっては当たり前なの?」とパパに聞いてみるも良し!

発想の転換をしてみたら怒らずに済むことも割と多いはずです。

自然と「もぅっ!」、「またー!」とイライラする気持ちが減ってきたりしませんか?

とはいえ、お母さんだって人間ですから、怒ってしまう事やついついイラッとする事があるのは当然の事です。

それを悔やみ、悩みすぎてお母さんの笑顔が減ってしまう事の方が育児に悪影響を及ぼします。

その事を忘れないでおいてください。

男の子の育児は大変な事ばかりではない!

「でも、男の子って大変じゃん・・・!」と、心配になったお母さん!大丈夫!大変なことばっかりでもないんですよ。

男の子の育児には楽しいことも沢山あります。

ここまでずっと書いている、「男の子の世界の常識」は素敵なものも見せてくれます。

お母さんが経験した事のない幼少期の過ごし方を教えてくれると同時に、「こんな物があったのか」、「こんな考え方があるのか」と日々色々な発見を与えてくれます。

例えば、こんな生き物がいたんだ!とか、ヒーロー物ってじっくり見ると結構面白い!とか、息子が居なかったら関わる事のなかった世界に触れさせてくれるんです。

そして何より、男の子って本当に甘えん坊!ずーっとママ大好き!でいてくれる。

まるで小さい彼氏ができたかのようです。

イライラさせてくれることもしばしばの男の子の育児ですが、考えてみればこんな風にべったり甘えてくれる可愛い時期なんてほんの少しなんですよね。

今しかない1つ1つの時間を楽しむつもりで、ここはひとつ、男の子に振り回されてあげるのも良いかもしれませんよ♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る