閉じる
  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  3. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  4. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えします!

赤ちゃんにとって、生まれてから離乳食が始まるまでは、母乳かミルクが主食です。

今の粉ミルクの成分は、かなり母乳に近づけて作られていますので、ミルクで育てなければならないとしても、後ろめたい気持ちになる必要はありません。

大切なのは、赤ちゃんがしっかり栄養を摂取して、順調に発育していくことではないでしょうか。

それでは、赤ちゃんのミルクにまつわる疑問を解決していきましょう。

赤ちゃんには母乳がいいの?粉ミルクでも平気?

母乳育児もミルク育児も、それぞれにメリット・デメリットがあります。

それぞれのメリットとデメリットを比較検討してみましょう。

母乳のメリット

  • 母乳は赤ちゃんにとって最も安全で完全な栄養食
  • いつでも、すぐにあげられる
  • 経済面で負担が少ない
  • 赤ちゃんとのスキンシップを楽しめる
  • あごの筋肉の発達を促す
  • 肥満防止に役立つ
  • アレルギーの予防

母乳のデメリット

  • 頻繁に授乳する必要がある
  • なかなか授乳をやめられず、卒乳が遅くなる傾向がみられる
  • ママの食事に制限が必要
  • ママが病気になったとき、薬が飲めない
  • 授乳場所が見つからず、困るときがある
  • 哺乳瓶でのミルクを飲めない場合、人に預けることができない
  • 授乳姿勢による肩こりなどが生じやすい
  • ママの服装やインナーは、授乳に対応したものが必要

ミルクのメリット

  • パパはもちろん、誰でも授乳できる
  • 赤ちゃんの飲んだ量が分かる
  • ママの食事の制限がない
  • きちんと準備をしておけば、どこでも授乳できる
  • 腹持ちがよいので、赤ちゃんがまとまって寝てくれる
  • 服装やインナーの制限がない
  • ママが病気になっても、風邪薬など服用できる

ミルクのデメリット

  • ミルクや哺乳瓶を買うコストがかかる
  • ミルクを調乳するのに時間がかかる
  • 哺乳瓶の洗浄や消毒の手間がかかる
  • 外出時の荷物が増える
  • 赤ちゃんが、母乳に含まれる免疫や栄養を摂取することができない
  • 授乳時のママとのスキンシップ&コミュニケーションが、母乳育児の場合より少なくなる

それぞれの環境に合わせてミルクか母乳を選択する

母乳育児とミルク育児、それぞれにメリットがあり、デメリットがあります。

大切なのは、自分の都合ではなく、また周りの意見に振り回されず、「自分の」愛する赤ちゃんにとって、どの授乳方法がベストなのか、よく考えることではないでしょうか?

ミルク育児も立派な授乳スタイルです。

母乳をあげられないとしても、落ち込む必要は全くありません。

赤ちゃんに飲ませるミルクの量はどれくらいがいい?

母乳は、赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませることができますが、ミルクはそういうわけにはいきません。

ミルク缶の蓋に、赤ちゃんが一日に飲むミルクの量や回数が月齢別に書かれていますので、それを目安にします。

あくまでも目安なので、赤ちゃんの様子を見ながらその都度調整してください。

月齢別 ミルクの標準量

誕生から離乳食が始まる5ヶ月頃までの、一日のミルクの量と回数を、月齢ごとにまとめました。

これは、ミルクのみ飲ませる場合です。

混合栄養の場合は、これより少なくなります。

■~1/2ヶ月
・・・80ml×7回
■~1/2ヶ月~1ヶ月
・・・100ml×7回
■1~2ヶ月
・・・140ml×6回
■2~3ヶ月
・・・160ml×6回
■3~4ヶ月
・・・200ml×5回
■4~5ヶ月
・・・200ml×5~6回

赤ちゃんも人間ですから、毎回決まった量をロボットのように飲むわけではありません。

いつもの量を作ったのに、飲み残してしまったり、逆に、足りなくて泣くこともあります。

飲み残した時は無理に飲ませず、残りはすぐに捨てましょう。

足りないかな?と思った時は、あと20~40mlほど作って、飲ませてみてください。

「もう満足したかな?」というサインは、繰り返し授乳する内にきっと分かってきます。

授乳が終わった後は、背中をやさしくさすって、げっぷを出してあげてくださいね。

赤ちゃんがミルクを飲みたがらない理由は?

コーヒーミルク
中には、どうしてもミルクを飲みたがらない赤ちゃんがいますが、きっと理由があるはずです。

原因と思われるものを幾つか取り上げてみましょう。

哺乳瓶の乳首

使っている哺乳瓶の乳首は、赤ちゃんのお口に合っていますか?

様々なタイプの哺乳瓶が販売されていますが、乳首の形や素材も実に様々です。

赤ちゃんの月齢に合わせて乳首を交換しなければならないものもあります。

赤ちゃんがミルクを飲みにくそうにしているなら、また、ミルクが口からだらだらこぼれるようであれば、乳首の穴が小さかったり、大きかったりすることも考えられます。

哺乳瓶のタイプもそうですが、それ以上に乳首の素材・形状・穴の大きさには注意を払い、相性の良いものを慎重に選んであげてください。

ミルクの温度

ミルクの適温は40度と言われています。

熱すぎるのも良くないですが、生ぬるい、もしくは冷たすぎるミルクを、大抵の赤ちゃんは嫌がります。

なかなかミルクを飲もうとしない場合、気持ち温かめのミルクを作ってあげてください。

特に、寒い冬場は、すぐにミルクが冷めていきますので、ミルクの温度には気を配り、上手に調乳してくださいね。

ミルクの味

どんなミルクでもOKという赤ちゃんなら良いのですが、中には味覚が敏感な赤ちゃんもいます。

もしかしたら、今飲んでいるミルクの味が嫌いなのかもしれません。

様々なメーカーの粉ミルクがありますので、別のものを試してみてはいかがでしょうか?

一缶購入する勇気がない場合は、サンプルを請求することもできますし、スティックタイプも販売されています。

ミルクを別のものに替えたら、ゴクゴク飲んでくれるようになったという赤ちゃんも、意外に多いようです。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんのミルクに関しての様々な疑問をいくらか解決できたでしょうか?

ミルク育児は、経済的コストと手間がかかるのは言うまでもありません。

しかし、母乳育児にはない、うれしいメリットもたくさんあります。

授乳するときには、しっかりと赤ちゃんを抱っこして、目を合わせ、ほほえみかけながら、ゆったりした気持ちでミルクを飲ませてあげてください。

赤ちゃんはあなたの愛情やぬくもりを、必ず全身で感じ取っています。

完全ミルク育児であっても、どうぞ自信を持ってください!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 100%母乳信仰にちょっと待って!デメリットがある事も忘れずに

    100%母乳信仰にちょっと待って!デメリットがある事も忘れずに

  2. 卒乳のタイミングと進め方ってどうしたら良いの?

    卒乳のタイミングと進め方ってどうしたら良いの?

  3. 赤ちゃんがミルクを飲んでくれない時はどうする?原因と対策について

    赤ちゃんがミルクを飲んでくれない時はどうする?原因と対策について…

  4. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは

    母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは

  5. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?

    卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る