閉じる
  1. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  2. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  3. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

言葉の遅い我が子の為にお母さんが今すぐ出来る事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
言葉の遅い我が子の為にお母さんが今すぐ出来る事

わが子が歩き始めるようになると、気候の良い日は公園や児童館などへ連れて行ったりと、活動範囲がグンと広がってきますよね。

それと共に、周りのお子さんたちと関わる機会もどんどん増ええていくのがこの時期です。

すると、色々と気になることが出てくるんです。

「うちの子、みんなよりも言葉が出ていないような気がする…」

言葉の早い遅いに関しては、大変個人差の大きいものなので難しいのですが、でも親としては遅いと気になってしまうもの。

わが子はどうして言葉が遅いんだろう?

言葉が出るようするにはどうしたらいいんだろう?

と色々と悩んでしまいますよね。

そんな言葉の遅いわが子のために、お母さんは今すぐ何が出来るのでしょうか?

児童館へ遊びに行ってみましょう

まずは近所の「児童館」へ、お子さんと一緒に気軽に顔を出してみましょう!

児童館は毎日、大勢の赤ちゃんや幼児で賑わっています。

そこでもやはり周りのお子さん達と成長を比べてしまうかもしれませんが、お子さんにとっては、周りのお友達と一緒に過ごす時間はとても大きな刺激となるんです。

また、児童館によっては「リトミックの日」や「製作の日」など、様々なイベントを設けていたりしますので、見かけたら是非お子さんと参加してみましょう。

そういった、家庭内では味わえない刺激こそが言葉の成長に繋がりますので、週に1度でもかまいませんからぜひ児童館へ連れて行ってあげて、親子で一緒にいっぱい遊んで来てくださいね。

育児サークルへ参加してみましょう

児童館や市民センターには、定期的に「育児サークル」の参加募集の張り紙が出ていたりします。

毎週、若しくは月2回ほど、同じ年齢のお子さんたちが集まり、職員さんの声掛けで手遊びや体遊び、簡単な製作活動などが行われています。
そういった室内遊び以外にも、お花見、プール遊び、ハロウィンパーティー、クリスマスパーティーなどといった季節のイベントを開催したりと、職員さんは子供達の笑顔をみるために尽力してくださいます。

サークルに参加すれば、親子共に楽しい時間を過ごせると思いますよ。

また、お子さんのお友達(お母さんのお友達も)が出来やすいというのもサークルの良いところだと思います。

地域の保健センターに相談してみましょう

指をしゃぶる赤ちゃん
児童館へ連れて行き、育児サークルにも参加してみたけれど、それでもやっぱり心配だというお母さん。

それならば、お住まいの地域の「保健センター」に電話をかけてみましょう。

保健師さんがお母さんの悩みをしっかりと聞いてくれますよ。

また、希望すれば市区町村が主催している「母子教室」などに参加が出来るかもしれません。

その母子教室の内容は、育児サークルとはあまり大差はないのですが、その場で保健師さんたちがお母さんの悩みを聞いてくれたり、育児についての色々なアドバイスをくれたり。

初めての育児で色々と悩むあなたにとって、保健師さんたちはとても心強い存在になってくれるはずです。

また、活動の中でのお子さんの様子をじっくり見ていてくれるので、もし必要があるならば、心理士による発達検査を受けさせてくれたり、発達専門の病院を紹介してくれたりすることもありますよ。

まとめ

言葉の遅い我が子の為にお母さんが今すぐ出来る事です。

色々と不安だとは思いますが、まずは思いきって「動く」ことから始めてみて下さい。

そのお母さんの勇気はきっとお子さんの為になるはずです。

そして、周りの人や行政サービスを目一杯頼ってくださいね。

一人で悩みを抱え込まないで、誰かに聞いてもらうことでスッキリするものですから。

誰かに聞いてもらうことで今より前に一歩進めますから。

お子さんと一緒に会話を楽しめる日が今から待ち遠しいですね!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 子供がトラブルメーカーの場合の見守り方

    子供がトラブルメーカーの場合の見守り方

  2. 子供の発後には個人差があり、遅くてもあまり焦らない事

    子供の発語には個人差があり、遅くてもあまり焦らない事

  3. 下に弟妹が出来た後の上の子の赤ちゃん返り対策!

    下に弟妹が出来た後の上の子の赤ちゃん返り対策!

  4. 子育てが楽になる「子供の脳の健全な育て方」

    子育てが楽になる「子供の脳の健全な育て方」

  5. 生まれた子供が低体重児だった場合に気をつけたい3つの事

    生まれた子供が低体重児だった場合に気を付けたい3つの事

  6. 1歳を過ぎて子どもの発達の遅れが気になったら

    1歳を過ぎて子どもの発達の遅れが気になったら

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る