閉じる
  1. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  2. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

子どものおやつどうしていますか?気になる幼児のおやつタイム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どものおやつどうしていますか?気になる幼児のおやつタイム

子どもにとってのおやつとは?

子どもにとってのおやつとは「お菓子」ではなく、1日の栄養を4回に分けて補う「4回目の食事」として考えられています。

子どもは、まだ胃が小さくて1回の食事も少量であり、なおかつ運動量も決して多いとはいえません。

そこで3食にプラス1食と考えられており、「食事を補う」という役割があるのです。

とはいえ3歳以降になると食事を補う役割もさることながら「食のお楽しみ」の度合いが増して、2歳ごろまでの食事の延長上にあるような果物やせんべいなどのおやつとは違って、大人が与えたくなかったおやつを好むことがしばしば。

手作りか市販のおやつなのか、いつ、どのくらいの量を与えてあげたらいいのか?など、子ども達のおやつが食生活の悩みのタネになっていませんか?

子ども達のおやつに親として笑顔で応えるべく、おやつのコツについてひとつずつ解説していきます。

3歳からのおやつは「食を楽しむ」

3歳以降になると食事もしっかり摂れて、胃も発達していきます。

おやつも食事を補う役割は小さくなり、「食を楽しむ」というおやつの役割が大きくなっていきます。

その為、この時期からは1日1回のおやつで十分であり、その量も夕食に響かない程度を目安に考えられています。

その日の体調や運動量、個人差もあるため、子ども達の様子をみながら調整してあげることも大切です。

また、欲しがるからといって与え続けることはできれば止めたいものです。

だらだら食べの習慣や虫歯の原因になるので、親としてきちんとけじめを持って接してあげましょう。

おやつがあることがわかっていたら食べたくなるのは当たり前のこと。

食べさせたくないのならはじめから買わないことも選択肢の1つでもあります。

いずれにせよ親も子どももみんな大好きなおやつタイム!

楽しく美味しく過ごしていきたいのですから、子ども達と話し合いながら自分達に合った家族のルールを決めていくことをおすすめします。

また、家族やお友達とおやつを分け合って、一緒に食べるという「食を楽しむ」姿勢を育むことも重要です。

手作りにこだわり過ぎず、個々のおやつタイムを

お皿に小分けされたお菓子
カロリーがとれて、腹持ちがいいもの。

夕食までしっかり子ども達を満たしてくれるおやつとは一体どんなおやつでしょうか。

子どもに与えるおやつといえば、チョコレートやスナック菓子、アイスクリームなどのお菓子をついつい思い浮かべてしまうかも。

手作りか市販のおやつか悩みどころでもあります。

おやつも味覚の形成に大きく関わっています。

できれば3歳以降もおやつを夕食までの「間食」としてとらえてお菓子ではなく、おにぎりやだんご、季節を味わえる果物や野菜など自然の恵みをベースに心がけるのが良いでしょう。

あまり手作りにこだわり過ぎなくても焼き芋や茹でとうもろこし、煮たりんごなど簡単な調理で自然の甘みが楽しめます。

市販のおやつにもせんべい、乾燥いも、甘栗など、選択次第で手軽に米類や芋類などが味わえます。

また、せんべいや果物などは、糖分が少なく噛みごたえがあり、唾液が分泌されやすいので虫歯になりにくく、ガムやキャラメル、チョコレートなどは糖分や油分が多くて歯に付きやすいので虫歯になりやすくなります。

やはり、おやつの選び方には注意が必要なようです。

ですが、毎日のおやつですから、無理をせずに楽しく美味しくいただけるものを。

パンやクッキー、ケーキにプリンなどなどおやつはさまざまです。

子ども達と一緒に作って食べるのもいいですね。

食事の献立と一緒におやつのメニューを決めるとバランスのよい食生活が実現できそうです。

ジュースや牛乳も意外とカロリーが高いので飲み物もおやつのうちと考えてみて下さい。

ぜひ、ご家庭にあったおやつメニューを子ども達と一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

笑顔いっぱい美味しいおやつタイムをお過ごしください。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る