閉じる
  1. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  2. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  3. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  4. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

注意すべき子供の気になる発疹、病気について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注意すべき子供の気になる発疹、病気について

子供の発疹って心配ですよね。

あれ、虫に刺されたかなと思っていたらアッと言う間に広がり、発熱なんてこともあるかもしれません。

そんな心配な発疹について詳しくお伝えします。

発熱を伴う発疹

生まれてから初めてかかる病気の第一位が突発性発疹です。

生後6ヶ月から1歳半の赤ちゃんに多く38℃~40℃の高熱が3~4日続きます。

風邪のような咳、鼻水などの症状はありませんが熱が下がる頃におへそを中心に顔、首に赤い斑点ができます。

元気がよくミルクや離乳食も食べる事が多いです。

また、予防接種をまだ受けていない1才前後の赤ちゃんに多いのがはしかです。

始めの2~3日は普通の風邪と同じですが、咳、鼻水、目やにを伴い3~4日が過ぎると口の中に白い斑点ができて、その後、体中に赤い斑点が広がります。

耳の後ろ、顔、首、体、手足と広がり重症化すると中耳炎、肺炎、結膜炎を併発します。

38℃~39℃の発熱があり喉の痛みを訴える溶連菌感染症もあります。

手足に小さな赤い斑点ができ、胸やお腹徐々に体全体に広がります。

3~4日して舌に赤いブツブツができ始め、イチゴ舌と言われます。

嘔吐、腹痛、首のリンパ節が痛みます。

風疹はまず、耳の後ろのリンパ節が腫れます。

腫れは大きくて、抑えると痛みを感じます。

高熱が出るのは稀ですが小さな発疹が体や手足に出ます。

3日で症状は治まります。

水疱瘡は、小さな赤い発疹が体中のあちこちにできます。

皮膚が盛り上がり、強いかゆみを伴って水疱になり、膿疱となって乾燥してからカサブタになります。

カサブタは無理にはがさないようにしてください。

口の中や頭皮にも水疱ができます。

発疹は2~3日でピークとなり、一週間で回復します。

手足口病は、38℃~40℃の発熱があり、手の平、足の裏、口の中、お尻、腕に発疹や水ぶくれができます。

大人がかかる事もあります。

発疹は楕円形でシミのようになってから消えていきます。

リンゴ病は両頬が赤くなるのが特徴です。

体の発疹はウイルス感染後7日~12日後に出始めるため、頬が赤くなった時には感染力はありません。

1~2日後に太もも、腕にレース網のような発疹ができます。

微熱で通常の風邪のような症状があります。

発熱を伴わない発疹

とびひは、皮膚の傷や虫さされ、すり傷、湿疹、汗疹が原因で傷に連鎖球菌やブドウ球菌が侵入して広がりをみせます。

黄色の浸出液を伴ったカサブタのような傷を作り、触ったり、擦れたりして、傷の中の液が飛び散りとびひとなり広がります。

水イボはウイルスが原因で潰すと広がります。

固い半球状でツルツルした小さなイボです。

小児科、皮膚科でピンセットを使って摘み取る治療がありますが、子供が痛がるので、自然治癒で様子を見る事もあります。

が、自然に潰れて広がると無数に広がり治まらない事があるので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎は、体、手足の屈曲部にかゆみを伴った赤い発疹ができます。

耳切れができるのも特徴です。

発疹が出た時の注意点

赤ちゃんの口元
子供は、自分では上手に痛みやかゆみ、腫れを伝える事ができないのでお風呂や着替えの際に毎日よく観察して変化を見る事がとても大切です。

一つの発疹があって気付かないまま過ごしていたとしても、瞬く間に広がりをみせて重症化することも少なくありません。

また、口の中に発疹があり食欲がない時はお茶やイオン飲料などの水分をしっかりと与えるようにしましょう。

水分を取らない、尿が出ない、高い熱が何日も続く、けいれんが起きるなど心配な症状がでるようなら、一刻も早い受診をおすすめします。

また、子供は通常、高熱であっても元気な表情がでるものです。

いつもの様子ではないと感じたら、病院での検査も考えましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 子供が急な病気に!安心して仕事が出来る病児保育、病後児保育の利用について

    子供が急な病気に!安心して仕事が出来る病児保育、病後児保育の利用…

  2. 幼児の頭部打撲、対処方法は!?

    幼児の頭部打撲、対処方法は!?

  3. 子どもの体にぶつぶつが!こんな時どうする?予備知識を付けて備えよう!

    子どもの体にぶつぶつが!こんな時どうする?予備知識を付けて備えよ…

  4. 【子どもが急に吐いた!】困らないための事前準備

    【子どもが急に吐いた!】困らないための事前準備

  5. 赤ちゃんが頭を打ってしまったら

    赤ちゃんが頭を打ってしまったらどうしたら良い?

  6. 赤ちゃんの初めての高熱?もしかしたら突発性発疹かも?

    赤ちゃんの初めての高熱、もしかしたら突発性発疹かも?

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る