閉じる
  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

子供が小児喘息と診断されたら?喘息の症状や原因、治療方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子供が小児喘息と診断されたら?喘息の症状や原因、治療方法を解説

子供の喘息は年々増加の傾向にあります。

アレルギーの一種である喘息は現代病とも言われていますすね。

喘息とは、気管支に慢性的な炎症が起こり咳や呼吸困難を繰り返す疾患です。

発作を起こせば起こす程に気管支がダメージを受け、更なる発作へと繋がったり、元に戻りにくくなるので注意しなくてはなりません。

喘息の症状と原因

喘息はダニやホコリ、ペットの毛や分泌物、花粉などアレルギー反応を介した発作、それ以外では風邪などの感染症や痰や鼻水が溜まることによるもの、タバコの煙や天候、運動などにより誘発されます。

お子さんの喘息を悪くする原因が何なのか、血液検査をする、日頃からお母さんがよく観察して原因を除去していくことが不可欠です。

主な症状として咳、喘鳴(呼吸の度にゼーゼーヒューヒューと音がする)、呼吸困難。

これらは夜間から明け方に悪くなることが一般的です。

昼間から発作が始まっている時は、夜になるにつれて更に悪化する事が予想されるので、よく観察しておきましょう。

悪化してくると話すことが出来ない、横になれない、歩行も困難になってきます。

呼吸の度に鎖骨の窪みや肋骨、みぞおちがペコペコと凹む、鼻が膨らむ、爪や唇が青くなるといった症状が一つでも出たら要注意です。

発作止めの薬をお持ちでしたら飲ませる、お持ちでないようならすぐに医療機関を受診する事をおすすめします。

発作は悪くなってからではなかなか止めるのが難しいので、早いうちに症状を和らげることが大切です。

喘息の治療方法

小児喘息は2歳頃から始まり、10歳ぐらいには殆ど発作を起こさなくなるのが一般的ですが、完治する為には、いかに発作を起こさずにお子さんが大きくなるかが大切です。

発作を起こさないように、規則的に毎日使用するコントローラーと、発作が起きた時にだけ使用するリリーバーの二種類があります。

コントローラーは主に吸入ステロイド、抗アレルギー剤の抗炎症剤、β2受容体刺激薬テオフィン歳剤、抗コリン薬などの気管支拡張剤。

リリーバーはステロイド(経口、静注)と気管支拡張剤など。

これらは症状の重さに応じて薬の種類が変わってきます。

ステロイドと聞くと怖いイメージがありますが、ステロイド吸入は限られた範囲内にとどまり、薬の量も最小限に抑えられます。

また、悪化した発作時には経口ステロイドや点滴でステロイドを使用しますが、悪化してしまった発作にはとても効果的です。

いずれにしても、信頼出来るかかりつけ医に定期的に診察をしてもらい、お子さんの状態をみて頂くことが前提です。

ご家庭で予防できること

河川敷で遊ぶ兄妹
まずは原因を突き止め、原因物質を排除しましょう。

ペットのアレルギーがある場合、しばらくは離れて生活することがベストですが、ペットも家族の一員、無理な場合は寝室だけでも別にする、掃除は毎日することは必須です。

また、今は出ていなくても、今後アレルゲンとなりうる物質はなるべく遠ざけるなどの配慮も必要です。

他にはストレスや疲れを溜めないようにする、風邪を引かないように気をつける、バランスのとれた食事をすることも重要です。

ここ最近では、アレルギーと腸内環境が関係していることが判明してきました。

お母さんの腸内環境がお腹の赤ちゃんにの腸内環境に受け継がれる事も分かってきていますので、妊婦のうちから気をつけるのも重要です。

また、お子さんにもお母さんにも腸内環境を整えるビオフェルミンを投薬することもでき、アレルギーや喘息になりにくい、又は、改善する方法としても取り上げられてきています。

医学は日進月歩です。

情報には常にアンテナを張って、お子さんの健康な未来を応援しましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る