閉じる
  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  3. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  4. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

赤ちゃんの急な高熱!病院に連れて行くかどうか迷ったら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃんの急な高熱!病院に連れて行くかどうか迷ったら?

夜に急な高熱!病院に連れていくべき?

赤ちゃんはちょっとしたことですぐに高熱を出します。

それもなぜか、週末の夕方から夜にかけて熱が上がることが多いのです。

病院はすでに時間外診療。

かかりつけ医が休日診療しているとは限らず、いつもより遠くの病院に行かなければならないかもしれません。

「ただの風邪かもしれないし、でももし重大な病気だったらどうしよう・・・?」

「夜中に病院に連れて行く方が赤ちゃんにとっては負担かも?」

お母さんは迷います。

初めての赤ちゃんならなおさらですよね。

子供の様子をみる

赤ちゃんの熱はあっという間に39度、40度と上がります。

体温計の数字にびっくりして冷静な判断ができなくなるお母さんが多いですが、赤ちゃんは高熱が出やすいものだ、とひとまず落ち着きましょう。

一昔前は「40度を超えると脳に障害が残る」などという説が信じられていましたが、一部の特別な病気を除き、風邪などによる高熱で脳に障害が残ることはないというのが最近では定説です。

落ち着いたら、赤ちゃんの様子を見ます。

不思議なことに赤ちゃんや幼児は、熱が38度以上あっても元気で食欲もある場合があります。

母乳やミルクなど水分が取れていて、機嫌が良さそうなら、一晩様子を見ても問題ないケースが多いです。

逆に、ぐったりしてお母さんから離れない、ミルクを飲まない、おしっこが出ない、といった症状になったら、緊急性が高いといえます。

特におしっこが出ないのは脱水症状がこわいので、夜遅くでも病院に駆け込みましょう。

月齢の低い赤ちゃんにとって脱水は命取りです。

たった数時間で脱水が進み重症化するのはよくあることです。

病院で点滴を打ってもらう場合もあります。

小児救急電話相談

ご両親や月齢が上の赤ちゃんを持つお友達など身近に育児を相談できる人がいるなら、病状を伝えて緊急性を聞いてみましょう。

素人であっても子育ての経験談は意外と役に立つものです。

もし身近にそういった人がいないなら、気持ちを落ち着けるためにも「小児救急電話相談事業」に電話してみましょう。
参考:小児救急電話相談事業(#8000)について |厚生労働省

「小児救急電話相談事業」は国の事業で、休日・夜間の急な子どもの病気の対処方法を、小児科医師か看護師に相談できます。

「#8000」に電話すると、近くの相談窓口に自動転送されます。

電話相談なので、結局は「なるべく早めに病院へ」というアドバイスになるのですが、専門の人に話を聞いてもらえる安心感があります。

座薬の入れ方

何かの錠剤
高熱で病院にいくと、たいてい座薬を処方されます。

ただ座薬を入れることが必須ではなく、「高熱が出たら入れてください」と指示されるので、どんな状況になったら入れたらよいかわからないという声も聞かれます。

座薬は熱を一時的に下げますが、熱を下げることによって、体内の菌と戦う為に体が出す熱を強制的に下げてしまいます。

そうすると、座薬の効果が切れた後、高熱が長引いてしまうおそれもあります。

結局は、菌が死滅するまで熱は出さなければならないのですね。

なので、この場合も「赤ちゃんの様子をみる」が重要になります。

熱で赤ちゃんが眠れない、ぜぇぜぇ苦しそうなどの様子が見られたら、座薬を入れてあげましょう。

眠って体力を回復することで、再び風邪の菌と戦う力を蓄えることができます。

看病で眠れないお母さんの体力も回復できますよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 子どもが熱を出してしまった時は、状況に応じて出来るケアをしましょう

    子どもが熱を出してしまった時は、状況に応じて出来るケアをしましょ…

  2. 子供が熱を出した時の判断と対処方法

    子供が熱を出した時の判断と対処方法

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る