閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  2. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  3. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  4. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

幼稚園の登園渋り!泣いちゃう子供にはどうしたら良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
幼稚園の登園渋り!泣いちゃう子供にはどうしたら良い?

待ちに待った幼稚園の入園式。

厳かな雰囲気に設えられた入園式会場には、見知らぬ人達がたくさんいます。

その場の雰囲気にお子さんも緊張するでしょうけれど、入園式にはパパやママが一緒です。

それほどの不安を感じることなく、入園式は終えられるでしょう。

さて、入園式翌日の朝、今日から幼稚園生活の本番で!という時に始まるのが登園渋りです。

登園渋りは、人見知りや場所見知りの強いタイプの子がなりやすい傾向にあります。

そこで入園前後にちょっとした心配りをすることで、幼稚園にスムーズに馴染めるようになります。

そのための方法をいくつかご紹介します。

幼稚園は子どもだけで通う場所

幼稚園を選ぶ際には、様々な条件を考えるとともに、実際に見学に行くことが多いと思います。

幼稚園の説明会に親子で参加して、園庭の遊具で遊んだり、先生の読み聞かせを聞いたりして、子どもにとっては楽しい時間を過ごせますし、親としても先生の人柄や建物内部の確認もできて有意義です。

数軒の幼稚園を見学して、ここにしようと決めた園には、その後も何度か足を運ぶことでしょう。

その都度、子どもはカラフルで楽しそうな遊具を眺めたり、先生に優しく話しかけられたりして、その幼稚園がどんどん好きになってきます。

子どもが幼稚園を好きになるのはとても良いことですが、問題はこの段階まではいつもママと一緒に行っている、ということです。

入園したら、送りに行ったママとは門のところでお別れです。

親にとっては当然のことですが、子どもにとっては「聞いてないよ!」となることもあり得ます。

そこでパニックを起こしてしまうと、その後に悪い影響を残すことになりかねません。

なので、幼稚園は入園式後は一人で通うところだと、幼稚園選びの段階から教えてあげましょう。

子どもだって心構えがあるのとないのとでは大きく違います。

同じ幼稚園に入園する親子と入園前からお付合い

赤ちゃんの頃からのお友達と同じ幼稚園に通える場合はいいですが、そうではない場合は、同じ幼稚園に入園予定の親子と親しくなるように心掛けるといいでしょう。

初めての幼稚園の教室の中で、知っている顔が一つでも多い方が、馴染みやすくなります。

男の子の親は男の子の親同士で、女の子の親は女の子の親同士で仲良くなりがちですが、できれば異性の子とも顔見知りになっておくとさらにいいです。

入園前の子どもは、異性と遊ぶ機会が少ない子が多いものです。

幼稚園のクラスは男女半々ですので、異性とかかわることも当然増えてきます。

それでもダメなら腹をくくって

綺麗な青空
入園前から様々な努力はしてきたけれど、どうしても幼稚園に馴染めずに、毎朝、泣いて登園を渋るようならば、もう腹をくくるしかないでしょう。

幼稚園の先生に相談し、子どもが不安を感じないで登園できる方法をとります。

子どもがママと一緒に幼稚園に行きたいと言うのであれば、一緒に教室に入り、まずは子どもが安心して幼稚園の中で遊べる環境を作ってあげることです。

幼稚園に慣れてママが居なくても安心して楽しめるようになるまで、一緒に付いていてあげれば一人で登園できるようになります。

ひどい登園渋りは、早い段階で手を打った方が長引かせずに済みます。

子どもだけで登園させることに拘り過ぎて、毎朝、絶叫する程泣かせると、それがさらに幼稚園に対する悪い記憶となってしまいます。

ちょっとメソメソする程度なのか、パニックを起こしたように泣き叫ぶのかは見ていればわかります。

ママ自身が怖がらずに、我が子の様子を見極めて臆することなく最善の策をとりましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る