閉じる
  1. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  2. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  3. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  4. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?

妊娠すると体には様々な変化をもたらします。

食生活の変化も妊婦さんには頻繁に起こる事です。

つわり中にフライドポテトが無性に食べたくなったり、お肉のみやパンばかりなど、妊娠前には考えられなかった味覚の変化が起こるのです。

つわり中は何か特定のものが食べたくなる人、食べられなくなる人、全く食べられなくなり水分も取りずらい人など、食生活の変化が何かしら現れる事が多いです。

各個人差があり、軽い人、重い人様々です。

しかし、妊娠後期では妊婦さんのほとんどが毎日何かしら甘いものが食べたくなるそうです。

食欲増進時期と重なり、体重管理も厳しくなる妊娠後期では甘いものを制限される為、尚更食べたくなるようです。

妊娠時に甘いものを食べ過ぎるとどうなる?

妊娠中に甘いものを食べたくなる原因は、胎児への栄養として糖分であるブドウ糖を送ろうとするからです。

妊婦さんの母体から胎児への糖分が送られる為、妊婦さん自身の糖分が少なくなり、結果甘いものを欲しくなるのです。

妊娠後期では胎児の成長も加速し、より多くの糖分が胎児へ送られるためますます妊婦さんは甘いものが欲しくなります。

しかし、甘いものを食べたいからといって、つい食べ過ぎてしまうと体重増加に繋がります。

甘いものを過剰に摂取すれば、体重増加ひいては脂肪の増加につながります。

脂肪を増加させてしまうと、出産時の子宮口の開きが鈍くなったり、代謝が悪くなり、むくみや便秘につながり妊娠中のトラブルのもとになります。

妊娠中は体重管理しなければいけないのはその為です。

また、甘いものの食べ過ぎは、血糖値が高くなる妊娠糖尿病にかかる恐れもあります。

この妊娠糖尿病は、母体だけでなく胎児にも影響が出てくるため注意が必要です。

妊娠時に甘いものを取りすぎない為には

美味しそうなおやつ
甘いものが食べたくなってもカロリーの高い食べ物、脂肪の多い食べ物は避けたほうが良いです。

チョコレート、ケーキなどは砂糖が多く含まれており、美味しく感じますがケーキ一切れ、チョコレート一枚ですら高カロリーです。

甘いものをとる場合、一日の総カロリーを把握しておき、食事とのバランスを考えながら摂取していきましょう。

甘いものが食べたくなったときは、低カロリーのおやつ、例えば寒天、ナッツ類、果物、また自分で糖分、脂質等抑えて簡単に出来る手作りのお菓子のレシピも沢山あります。

甘いものを取りすぎてしまうと、妊婦さん自身だけでなくお腹の赤ちゃんにも影響があることを良く考えた上で、おやつを食べるようにしてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 妊娠初期の食生活はどんなのがいいの?

    妊娠初期の食生活はどんなのがいいの?

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る