閉じる
  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  3. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選
  4. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
閉じる
  1. 赤ちゃんには母乳とミルクどちらが良いの?ミルクに関する疑問にお答えしま…
  2. 産後は旦那が嫌いでたまらなくなる?産後クライシスの乗り越え方とは
  3. 高齢出産後の現実は厳しい?育児が大変って本当?
  4. 男の子の子育ては悩みがたくさん!発想の展開で乗り切ろう!
  5. 妊娠中に発症しやすい膀胱炎!その原因と対処法は?
  6. 母乳の質は食事が重要?母乳に良い食材と悪い食材とは
  7. 妊娠中に意識して摂りたい「葉酸」と摂り過ぎ注意な栄養について
  8. 子供の転倒は内股が原因?気になる内股の改善方法
  9. 妊娠中は甘いものの食べ過ぎに注意!甘いものが食べたくなった場合は?
  10. 卒乳のタイミングはいつが良い?卒乳前にやるべき事とは?
閉じる

小さい子供にどうやって勉強習慣をつけさせるか?自ら進んで勉強できる子に育てたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小さい子供にどうやって勉強習慣をつけさせるか?自ら進んで勉強できる子に育てたい!

勉強大好き!!というお子さんって少数派ですよね。

なかなか自分から進んで机に向かう子っていないと思います。

親が「勉強しなさい!」と言って、素直に聞く子ならいいですが、「やりたくない」「後で」なんて言う子が多いのではないでしょうか。

親も子もストレスがなく毎日の学習がスムーズに進むといいですよね。

お子さんの性格も、今までの生活パターンもあり、急に勉強する子になるのは難しくても少しずつ習慣を身に着けさせるのも大切だと思います。

勉強するきっかけになればと思い、習慣づけの方法を何点かご紹介します。

基本中の基本・・・リビング学習

小学生であれば、自分の部屋を持ってるお子さんも多いと思います。

自分の部屋に立派な机があってそこで勉強したい!という気持ちもわかりますが、小さい子が一人で部屋で勉強となると、なかなか集中できないと思います。

監視する人がいないと、おもちゃや本などの誘惑に負けてしまうことも。

ぼーっとしていて手が止まっていても注意する人もいません。

その点、リビングであれば親の目が届くし、何より見られているという意識があるので、やらざるを得ないという感じでしょうか。

家族の存在や生活音を感じながら集中できるということは大事だと思うのです。

学校もテスト会場も無音状態ではないですから。

自分で始める時間をきめさせる

勉強する子供
親「勉強は?」子「あとでやる」

だいたいお決まりのパターン。

やりたくないことを先延ばしにしてゲームをしたり遊びに行ったり。

子供なのでもちろん遊ぶことも大切な仕事です。

ですが、遊びと勉強のメリハリをつけなければなりません。

そこで・・・

親「勉強は何時からするの?」子「少し遊んでから16時からやる」

具体的な時間を自分で決めさせることでその時間になると自分から始められるようになります。

まだ自分で決められない場合は、「16時と16時半、どっちの時間から勉強する?」なんて提案してあげると良いと思います。

必ず少しの時間でも毎日勉強する

これが一番大切かもしれません。

毎日勉強するって簡単なようで簡単ではないんです。

勉強といってもただワークを解くだけで終わっては学習の質が低下するように感じます。

解いたワークの答え合わせをして間違いを正す。

その場で間違いを直していかないと、子供ですからどうやって解いたのかも鮮明な記憶として残っていないこともあります。

ここのこの解き方が間違いの原因だねと一緒に見直すことが大切です。

次の日には昨日の間違ったところ覚えてる?

なんて声をかけてあげれば、より一層の学習の深まりになります。

毎日学習するということは日曜日も祝日もお正月もです。

平日との量の差があってもいいと思います。

でも今日はお休みにしようはあまり良くないと思います。

子供ですから、一度お休みすると今日もお休みしたいと思ってしまいます。

もともと好きではない勉強であればなおさらでしょう。

出かける予定があるのならば、帰ってからだと疲れているだろうと予想はつきます。

それならば、少し早起きをして出かける前に勉強を済ませてしまいます。

そうすれば、その日一日、存分に遊ぶことができますよね。

毎日の学習は、子供の努力も必要ですが、親のサポートがとても大切です。

子供だけでは、なかなか達成することは難しいかもしれません。

親が何となくの勉強へ導くということがキーポイントとなると思います。

上記のことを実践すると、勉強することが当たり前。

歯を磨くことや食事することと同じように生活の一部になってくるはずです。

自然と自分から机に向かう姿は子供の成長を感じさせ、感慨深いものがあります。

確かに自分も疲れていて面倒だなと思う時もありますが、そこをお子さんと一緒に乗り越えていってほしいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 人生初の反抗期をどう乗り越えるか

    人生初の反抗期をどう乗り越えるか

  2. 子どもの集中力をつける為の過ごし方

    子どもの集中力をつける為の過ごし方

  3. 子供の習い事、やる気がでない場合どうする?

    子供の習い事、やる気がでない場合どうする?

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから始めるべき?
  2. 出産後に体重が増加して元に戻らない原因と対策
  3. 妊娠中の‟夫嫌い”はなぜ起こる?原因とその解消方法
  4. 赤ちゃんの鼻づまりに困ったときの対策4選

アーカイブ

ページ上部へ戻る